看護師は面接までの工夫が転職を成功させる

現場の仕事がハードなのに加え、患者さんやそのご家族、
医師をはじめとした他の医療スタッフとの橋渡し役として活躍しているのが、

看護師の方々です。

 

 

患者さんにとってはなくてはならない存在ですが、医療機関サイドにとっても、
一人ひとりの人材はとても貴重なものになります。

 

 

家庭の事情だけではなく、給与労働条件等職場の待遇に対する不満、
人間関係のこじれ等様々な理由によって、転職を考える看護師が多いのも実情です。

 

 

引く手数多と言われるように、一般の転職情報サイトを含め、多くの求人案件があり、
自分にマッチした求人情報を探すのは、然程困難ではないと言えます。

 

 

人気の求人案件には、看護師資格を有した他の応募者が殺到するのは言うまでもありません。
故に、ライバルと差をつける為にも、様々な工夫が必要になります。

 

 

自己分析をし履歴書の作成することです。

具体的な自己分析法はこちらのサイトを参考にしてください。

⇒ http://yakuzaisi-kyujin-saito.biz/blog/minaosu/

 

 

自己分析を行なうと、今までのことを振り返るだけでなく、どんな成果を上げたのか?厳しい状況の時に、どんな工夫をして乗り越えたのか、能率アップのための努力をして効果が上がったのかを再確認します。

 

人によっては、気づくことがあります。また課題も浮き彫りになったりします。

成果を上げたことや厳しい状況の時に工夫をするして乗り越えたこと、能率アップの工夫で能率が上がったことなどは自己アピールになります。

 

こいうことも履歴書・職務経歴書にサラッとアピールをしたい点です。

 

もちろん一番いいのは具体的に成果が上がったということが一番です。

 

しかし、それほど目覚ましい成果を上げたと言える人は多くはありません。そこで職場での工夫や努力したことをアピールをすることには意味のあるアピールになります。

 

 

自己分析ができたら履歴書の作成になりますが、

履歴書なるべく綺麗に文字を書くだけではなく、履歴書に添付する写真にも気を配りましょう。

 

 

また3ヶ月以内に、リクルートスーツを着用して撮影したものを使い、
一度使った写真は使い回さないほうが賢明です。

 

 

カラー写真であれば、人事担当者も応募者のイメージを抱きやすくなります。

 

 

また、職務経歴書に関しては、これまで行ってきた仕事の内容を書きますが、
これから先新しい職場で何が出来るのか、何がしたいのかを書き添える事で、

印象が違ってくるはずです。(自己分析で気づいたことも記載します)

 

 

何故今回、転職する必要があったのか原点に立ち返り、
新しい職場で仕事をしている自分がイメージ出来れば、成功する確率も高くなるでしょう。